おもちゃラボ

Unityで遊びを作っていきます

Visual Studio for Macでタブ幅・インデント幅を変える

ソリューションウインドウ(表示されていない場合はメニューバーから「表示」→「パッド」→「ソリューション」)のプロジェクト名の上で右クリックして「オプション」を選択します。

f:id:nn_hokuson:20200125204458j:plain:w600

ソースコード→コードのフォーマット→C#のソースコードを選択します。
ポリシーの欄で「Default」を選択するか、またはテキストファイルの規定の設定を使用のチェックを外して、タブ幅、インデント幅を設定してから、右下の「OK」ボタンを押します。

f:id:nn_hokuson:20200125204533p:plain

【Unity】Xcodeで library not found for liPhone-libのエラーが出る

Unity2019とXcode11を使ってUnityのプロジェクトをビルドすると「library not found for -liPhone-lib」というエラーが出ることがあります。

ld: library not found for -liPhone-lib
clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)

f:id:nn_hokuson:20191021150812p:plain

Xcodeプロジェクトより上の階層に日本語のフォルダがあるとこのエラーが出るようです。解決策としては次の3つがあります。

  1. 日本語フォルダを英語にリネームする
  2. Xcodeプロジェクトを日本語のフォルダ名を含まない場所に移動する
  3. XcodeのLibrary Search Pathを設定する

3つめのLibrary Search Pathの方法だけ、少し手順が複雑なので詳しく説明します。

XcodeのLibrary Search Pathを設定する

Xcodeの左カラムからプロジェクト名(ここではUnity-iPhone)を選択した状態でBuild Settingsタブを開きます。その中のSearch PathsセクションのLibrary Search Pathsを見つけて下さい。

f:id:nn_hokuson:20191021151907p:plain

Library Search Pathsのパス名をダブルクリックするとウインドウが開くので、「"$(SRCROOT)"」を選択して、マイナスボタンで削除します。

f:id:nn_hokuson:20191021152220p:plain:w400

設定できたら、再度ビルドボタンを押してビルドが通ることを確認して下さい。

【Unity】ROMアップロード時のエラー対処法

ROM(Androidならapk、iOSならipa)をアップロードしたときにつまずくポイントをまとめました。最後の関門なので、早く提出したいのに・・・!と一番イラつく(笑)ポイントなので、その手助けになれば!!

広告を使っていないのにIDFAのチェックで引っかかる(iOS)

ipaファイルをアップロードするときに、広告を使っていないのに次のような警告が出ることがあります。

「この App は広告 ID (IDFA) を使用しています。IDFA 使用状況の詳細を提供するか、IDFA を App から削除してバイナリを再送信する必要があります。」

Xcodeのプロジェクトを見てみると確かにAdsSupportのフレームワークがインポートされてしまっているようです。

f:id:nn_hokuson:20190905215539p:plain:w300

まずはUnityのメニューバーからWindow→Serviceウインドウを開いてUnityAdsの使用がOFFになっていることを確認しましょう。

f:id:nn_hokuson:20190905215822p:plain:w250

次にWIndow→Package ManagerからAdsのパッケージがインストールされていないかを確認します。インストールされていた場合にはUninstallボタンでアンインストールしましょう。

f:id:nn_hokuson:20190905215810p:plain:w450

ARCoreのmin_apk_versionでひっかかる(Android)

Vufoiraを使ったアプリケーションをサブミットしようとすると、次のようにARCoreのmin_apk_versionが指定されていないとエラーが出ることがあります。

com.google.ar.coreが指定されていますが、AndroidManifest.xmlファイルでARCore依存関係の最小バージョンコードcom.google.ar.core.min_apk_versionが指定されていません。

f:id:nn_hokuson:20190905220126p:plain:w600

この場合はまず、次のURLからARCoreの「core-1.9.0.aar」ファイルをダウンロードしてください(そのときの最新版でOKだと思います)

https://dl.google.com/dl/android/maven2/com/google/ar/core/1.9.0/core-1.9.0.aar

次に、ダウンロードした「core-1.9.0.aar」を、Plugins/Androidフォルダに配置してください(フォルダがない場合は作成します)

f:id:nn_hokuson:20190905220426p:plain:w300

64bit対応していないと怒られる(Android)

2019年8月からapkファイルの64bit対応が必須になりました。アプリが64bit対応していないと次のようにエラーが出ます。

このリリースはGoogle Playの64ビット要件に準拠していません。

以下の APK または App Bundle は 64 ビットのデバイスで利用できますが、
32 ビット向けネイティブ コードしか含まれていません。

アプリには 64 ビットと 32 ビットのネイティブ コードを含めます。
Android App Bundle 公開形式を使用して、各デバイスのアーキテクチャが自動的に必要なネイティブ
コードだけを受け取るようにします。これにより、アプリ全体のサイズが増大することを回避できます。

f:id:nn_hokuson:20190905220757p:plain:w500

Unityで64bit対応するにはPlayer Settings→ConfigurationのScripting Backendを「IL2CPP」に変更し、「ARM64」にチェックを入れます。

また、x86のチェックは必ず外すようにしましょう。これを外さないとx86_64のバイナリがない(そもそもUnity2019からは作成できなくなった)と怒られてしまいます。

f:id:nn_hokuson:20190905221229p:plain:w400