おもちゃラボ

Unityで遊びを作っていきます

【Blender】イラレで描いた図形を立体化する

ここではイラストレータで作成した図形をBlenderで立体化する方法を紹介します。
思っていたよりも手間がかかります・・・。

f:id:nn_hokuson:20190610202448p:plain:w600

イラストレータでの作業

今回はイラストレータで作った、次のような図形を立体化することにします。このイラストは星型の図形ツールで書いただけのものです。

f:id:nn_hokuson:20190610200821p:plain:w250

まずはイラストレータで作成したパスをアウトライン化します。アウトライン化することで「太さを持った線」が「パスで囲まれた領域」に変換されます。

アウトライン化するにはメニューバーの「オブジェクト」から「パス/パスのアウトライン化」を選択します。先の内側と外側にもパスが設定されているのが分かりますね。

f:id:nn_hokuson:20190610201015p:plain:w250

アウトライン化できたらSVG形式で保存します。「名前をつけて保存」でフォーマットにSVGを指定して保存してください。

f:id:nn_hokuson:20190610201147p:plain

写真をアウトライン化したい場合

イラレで線画を描くのではなく、写真やすでにあるイラストをパスに変換して使いたい場合には、次の記事が参考になりました。
liginc.co.jp

Blenderでの作業

ここではBlender2.8を使って説明しますが、基本的にBlender2.7以前でも同じだと思います。

保存したSVGファイルをBlenderに読み込みます。メニューバーの「ファイル」から「インポート/scalable vector graphic(.svg)」をクリックして、ファイルを選択します。

f:id:nn_hokuson:20190610201911p:plain:w300

読み込んだ図形はパスのままで扱いにくいため、メッシュに変換します。オブジェクトモードで図形を選択した状態で、「オブジェクト」→「変換」→「カーブ/メタ/サーフェイス/テキストからメッシュ(Alt+C)」を選択してパスをメッシュ化します。

f:id:nn_hokuson:20190610202207g:plain:w500

これでイラストレータで作成した図形が、通常のメッシュとして扱えるようになりました。あとは頂点の押し出し(E)などを使って立体にすれば完成です。

f:id:nn_hokuson:20190610202448p:plain:w500

10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識

10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識