おもちゃラボ

Unityで遊びを作っていきます

Blender2.8でテクスチャを張る

Blender2.7xのときと比べて、Blender2.8ではテクスチャの貼り方〜表示方法が少し変わったので、この記事で紹介したいと思います。

f:id:nn_hokuson:20190225220355j:plain

ここではBlender2.8を使って、上図のようにサイコロの1面だけにテクスチャを貼ってみます。

使用するテクスチャ

使うテクスチャは何でも良いのですが、今回は次のテクスチャを使います。ダウンロードしてdice.pngという名前で保存してください。

f:id:nn_hokuson:20190225220508p:plain:w200

UV展開する

まずは「どこの面に、テクスチャのどの部分を貼るのか」を指定します。これをUV展開といいます。Bledner2.8でUV展開をするには、画面上のタブでUV Editingを選択します。

f:id:nn_hokuson:20190225215425j:plain

次にテクスチャを貼りたい面を、右のウインドウで選択します(Editモードにしてください)。今回はサイコロの上面を選択しました。この状態でUボタンを押して展開を選択してください。

f:id:nn_hokuson:20190225213502g:plain

すると、左のウインドウに今選択した面が展開されます(うっすらとですが、テクスチャのまわりに外枠が表示されている)。これを使ってテクスチャのどの部分を使うのかを指定していきます。

その前に貼りたいテクスチャを表示しておきましょう。画面上の「開く」からdice.pngを指定してください。

f:id:nn_hokuson:20190225215609j:plain:w450

テクスチャのどの部分を使うのかを指定していきます。今回は天面に1の目を表示したいので、Aキーでサイコロの上面の4頂点を選択して、gキーやsキーを使って左上の「1の目」にフィットさせます。

f:id:nn_hokuson:20190225214105g:plain:w450

これでサイコロの上面には、今指定した領域のテクスチャ(1の目)が使われるようになります。ウインドウ上の「Modelingタブ」をクリックしてモデリングモードに戻りましょう。

f:id:nn_hokuson:20190225215844j:plain:w600

テクスチャを使うマテリアルを作る

Blender2.8からはEEVEEレンダラーが採用され、これまで使われていたBlenderレンダラーが廃止になりました。それに伴ってテクスチャの貼り方が少しだけ変わっています。

サイコロに使うマテリアルの設定をします。マテリアルタブを選択して、ベースカラーから「画像テクスチャ」を選択します。すぐ下にある「開くボタン」を押してdice.pngを選択しましょう。

f:id:nn_hokuson:20190225220017j:plain:w350

サイコロに使うマテリアルの設定が出来ましたが、これだけではまだ表示されません。右上のシェーディングから「LookDev」を選択してください。これでBlenderエディタでもテクスチャが表示されます。

f:id:nn_hokuson:20190225220244j:plain

さいごに

ここではBlender2.8を使ったテクスチャの貼り方を紹介しました。Blender2.8になってテクスチャ以外にも多数の変更が入っています。変更点をまとめた記事も合わせて御覧ください!

nn-hokuson.hatenablog.com