おもちゃラボ

Unityで遊びを作っていきます

【本】ここらで広告コピーの本当の話をします

ここらで広告コピーの本当の話をします。 宣伝会議

広告コピーというと、「そうだ、京都行こう」くらいしか思い浮かばない程度には詳しくありません。あ、あと「綺麗は作れる」も知ってる。笑

そんな初心者にも「広告のコピーがどのようにして作られているか」を、分かりやすく説明してくれる本です。軽い感じでよめますが、めちゃくちゃ面白いです。

そもそも広告コピーの定義が面白い!さすがコピーライター(笑)

商品をいじらずに、言葉を使って商品の価値を上げる

サラッと書いてますけど、よく考えるとすごいですねー。何もないところから価値を作る、というのはプログラマとも通じるところがありますが、言葉だけで価値を作り出すという、この錬金術感がすごい


広告の話とは少しだけずれるけれども、もう一つ面白かったのがハイコンテクストという言葉のお話。

「ハイコンテクスト」という言葉。コミュニケーション・意思疎通をはかるときに前提となる言語、体験、価値観、考え方などが非常に近いという意味です。そして、日本は海外に比べてハイコンテクスト文化である。
これは、微妙な差異が価値を持ちやすいことを意味します。日本語の二人称では〝お前〟〝君〟〝あなた〟などで意味は変わりますよね。その微妙な意味の差を使い分けている。英語は〝You〟だけ。

日本人って島国でみんな似通ってるから、横にいる人と見比べたときの少しの差異がものすごい価値を持つんですよね。いい意味にも悪い意味にも・・・・

日本人にしか気がつけない小さな差異をどんどん広げていくことで独創的なものを作り出す。これこそ日本人が得意とするものづくりなんじゃないでしょうか。千利休しかり、若冲しかり。

千利休

千利休


この本は広告コピーのお話が中心ですが、ブログのタイトルや、本の見出しを作るときにも簡単に応用できるお話もたくさん載っています。2017年4月現在、kindle unlimitedで読めるのでぜひ〜

ここらで広告コピーの本当の話をします。 宣伝会議

ここらで広告コピーの本当の話をします。 宣伝会議