おもちゃラボ

Unityで遊びを作っていきます

2匹目の猫を飼うときの注意点と仲良くなるまでの60日間

珍しくコンピュータ系以外のお話です。我が家には2歳になる猫がいるのですが、縁あって2ヶ月の子猫をお迎えすることになりました。

2匹目の猫を迎えるにあたって注意したこと、大変だったこと、そして二匹が仲良くなるまでの60日間をシーケンシャルに書いていきたいと思います。

f:id:nn_hokuson:20171223104503j:plain:w500
↑いまはすっかり仲良しです!!(2匹目の猫が来てから6ヶ月後)

猫さん紹介

コジロー

先住猫は2歳のオスで去勢済みです。名前はコジローです(笑)

f:id:nn_hokuson:20170816193451j:plain

猫の種類はシルバータビーのアメリカンショートヘアー。好奇心はあるけど超ビビりな性格で、気になるものがあって遠巻きに様子を見続けるタイプ。

動物病院以外で他の猫と接触した経験はありません。

お千代

2匹目の猫は2ヶ月のメスです。名前はお千代です。なるべく昭和臭い名前をと、3日間くらいは厳選しました(笑)

f:id:nn_hokuson:20170816194041j:plain

レッドタビーの、こちらもアメショ。お千代は好奇心が強く物怖じしない性格です。気になったらとりあえず突っ込んでいくタイプ。この子は我が家に迎える前、ペットショップで他の猫ちゃんと過ごしていました。

1日目

お昼頃にペットショップに受け取りに行って、タクシーで帰宅。まずは部屋を完全隔離しました。コジローはリビング、お千代は寝室に。うちの間取りを描くとこんな感じ。

f:id:nn_hokuson:20170816195726p:plain:w400

部屋を隔離した上で、お千代にはゲージに入ってもらいます(まだ2ヶ月なので安全のためにも!)お互いの姿も見えないよう扉は締め切りました。下の写真では開いていますが・・・どうしてでしょう(笑)

f:id:nn_hokuson:20170816195944j:plain:w400

ちなみに使ったゲージはコチラの2階建てのものです。コジローをお迎えするときに買ったものを流用しています。

コジローは今まで入れていた部屋に急に入れなくなったのが嫌なのか、部屋の中にいる何かが気になるのか、お千代のいる部屋の前に座り込んで「にゃーにゃー」鳴いていました。動物の勘かな!?

2日目

お千代はゲージに入れたままで、遊ぶときだけ外に出しています。めちゃくちゃスバシッコイから写真を取るのにも一苦労・・・

f:id:nn_hokuson:20170816202630j:plain:w500

猫じゃらしは↓を使っています。お千代に1度目のワクチンを打つまでは、できるだけコジローと物理的な接触は避けるために猫じゃらしは新しく買いました

ドギーマン じゃれ猫 猫のお遊び草 2本セット

ドギーマン じゃれ猫 猫のお遊び草 2本セット

コジローが好きな時に覗きに行けるように、夕方頃からお千代のいる部屋の扉を開けっぱなしにしました。コジローがそれを見つけて「あの部屋開いてる!」と部屋に入っていこうとしましたが、初めてお千代の姿を目にした瞬間、部屋を飛び出して全速力で逃げていきました。

足の上をドリフトしながら逃げていったので、3本の流血マークが・・・!!

その後コジローは、一度だけ扉から首だけ伸ばしてお千代の部屋を覗き込んでいたけれど、めっちゃ腰は引けてました(笑)そしてまたもや猛ダッシュで逃げる・・・

3日目

コジローは、お千代のいる部屋の扉が全開だと、怖くて部屋にすら近づけないようでした。
お千代の部屋の扉を半開きにしてみたところ、部屋の手前くらいのところまではおそるおそる近づくようになりました。

f:id:nn_hokuson:20171223102909j:plain:w550

4日目

進展なしです。お千代のいる部屋の扉をちょい開けしておいたら、一度だけ覗きに行っていました。それ以外は普段と変わらずで、人間がヤキモキするターン。

5日目

これまでビビってばかりのコジローでしたが、このあたりからお千代の部屋を覗きに行く回数が増えました。あいかわらず部屋の手前で引き返してはいましたけど(笑)

あと、コジローはお千代のを目撃してから鳴かなくなっていたのですが、この日からまた「にゃーにゃー」鳴くようになりました。

一度だけ、お千代のいる部屋の中まで行きました。おちよのいる部屋を少し見てから、離れていきました。ここで気づいたんですが、どうやらトイレ前に、安全確認のためにお千代のの部屋を観察しているようでした。「すごく近づいてる!」と感じたときは、だいたいその後にトイレをしていたので・・・

f:id:nn_hokuson:20171223104828j:plain:w550

この2匹の猫の硬直状態に人間のほうがしびれを切らし・・・(笑)お千代のをキャリーケースに入れた状態で、コジローを抱っこして近づいてみました。1.5メートルほど近づいたらコジローがビビりだしたので、すぐに放しました(なんせ、流血事件があったばかりなもので(笑)お千代はその間、ずっと「にゃーにゃー」言ってキャリーから出してほしそうでした。