おもちゃラボ

Unityで遊びを作っていきます

【Unity】60分で学ぶARKit超入門

ARKitは、Appleが2017年にリリースしたARフレームワークです。当時のARKit 1.0では平面認識しか出来ませんでしたが、ARKit 1.5を経て2018年にリリースされたARKit 2.0では環境マッピングの採用や複数人でのAR共有など、利用できる機能がどんどん増えてきています。

f:id:nn_hokuson:20181127200451j:plain

ARKit 1.0の頃はとても機能がすくなかったので、簡単に学習できました。でもARKit 2.0になると多くの機能が追加され、ARKitを始めるハードルが少し高くなってきました。そこで、この記事ではこれからARKitを使い始める人のために、UnityでARKitを使う方法を紹介します。

UnityでARKitを使うための準備

Unityを使ってARKitを始めるには「ARKit Plugin」というプラグインが必要になります。そのプラグインのダウンロード方法とセットアップのための入門記事です。

  • Unityで始めるARKit入門 セットアップ編 - おもちゃラボ

  • ARKitで作るモグラたたき(全3回)

    UnityとARKitを使ってARモグラたたきを作る方法をワンステップずつチュートリアル形式で紹介しています。

  • ARKitで作るARモグラ叩き その1
  • ARKitで作るARモグラ叩き その2
  • ARKitで作るARモグラ叩き その3

  • Unityで利用できるARKitの機能紹介

    ARKit2.0では環境マップや複数人でのAR共有、ARの永続化など、たくさんの機能が用意されています。ここでは、Unityから使えるARKitの機能の使い方をまとめています。

  • Unityで始めるARKit入門 モデル配置編
  • Unityで始めるARKit入門 光源推定編
  • UnityではじめるARKit超入門 平面を描画する
  • Unityで始めるARKit入門 画像トラッキング編
  • Unityで始めるARKit入門 影の表示編
  • Unityで始めるARKit入門 ARKit Remote編
  • Unityで始めるARKit入門 環境マッピング編

  • 参考書籍

    ここではARKitをUnityから使う方法を紹介しました。
    ただ、ARKitの実験するだけならUnityよりもSwift+Xcodeのほうが
    実験しやすいかもしれません。

    Swiftでやってみたいけど、あんまり触ったことなくて・・・って人のために!!
    「SwiftでつくるARKit超入門」を執筆しました!
    128ページ、2000円です。BOOTHで絶賛発売中です!

    booth.pm

    書籍の内容はこちらでも紹介しています。
    参考にしてみて下さい。
    nn-hokuson.hatenablog.com